グリル佐久良シェフ荒木優花評判メニューや店舗の場所は?【セブンルール】

みなさんこんにちは、kuromameです。

9月25日(火)放送のセブンルールは、
創業51年の老舗洋食店のシェフ・荒木優花さんがピックアップされます。

“街の洋食店”と聞くと、頑張った自分へのご褒美に大好きなメニューを食べに行くお気に入りの場所…というイメージです^^

今回の主役の荒木優花さんは、弟子入りしたおじいさまが他界したため、22という若さでお店を継いだそうです。

優花さんが守られている洋食店とはどんなお店なのでしょうか。
今回は、とってもキニナる“グリル佐久良(グリルさくら)について調べてみました!

■目 次■

1.グリル佐久良(グリルさくら)シェフ・荒木優花さんのプロフィール

2.グリル佐久良の評判メニューは?

3.グリル佐久良の場所は?

4.グリル佐久良・荒木優花シェフのまとめ

スポンサードリンク

グリル佐久良(グリルさくら)シェフ・荒木優花さんの
プロフィール

名前:荒木優花(あらきゆうか)

生年月日:1988年(30歳)

出身地:東京都

「グリル佐久良」の先代シェフは、荒木優花さんのおじいさまである正和さん
おばあさまである幸枝さんと夫婦二人でお店を営んでいました。

高校を卒業した荒木優花さんは、おじいさまの元に弟子入り。

かわいい孫娘が弟子入りをされて、おじいさまはとても嬉しかったと思います。

ところが、おじいさまの正和さんが病気のため他界…。
荒木優花さん22歳という若さで、老舗の味を受け継ぐことに!

浅草には何代も続く老舗のお店が多いそうです。その中で、おじいさまが守って来た“味”をなくしてはいけないと思われたのではないでしょうか^^

おばあさまの幸枝さんとはけんかが絶えないそうですが、お互いに信頼しているからこそ言い合えるのだと思います^^

常連さんたちは知っている、微笑ましいいつもの“ワンシーン”なのかもしれませんね^^

おばあさまと一緒に全力でおじいさまの伝統の味を守って来た、
荒木優花さんの「セブンルール」がとても気になりますね!

スポンサードリンク

グリル佐久良の評判メニューは?

口コミを見ると、皆さん“ビーフシチュー”を注文していますね^^

“お肉の塊がゴロゴロ、でも食感はトロトロ”と、ボリュームも満足のご様子。
ブラウンソースと厚さ3センチのトーストのコンビはオススメ!との声多数です^^

それもそのはず、グリル佐久間の看板メニューのビーフシチューは、
創業当初からのデミグラスソースだとか!

荒木優花さんはこれを注ぎ足して使い、おじいさまの味をずっと守り続けているそうです。

先代の味を知る常連さんたちも“この味が食べられる”からこそ離れずに通っていらっしゃるのでしょうね^^

スポンサードリンク

グリル佐久良の場所は?

住所:東京都台東区浅草3-32-4

電話:03-3873-8520

営業日:月・水〜金・土・日

営業時間:ランチ11:30~14:00 ティナー:17:00~20:30

定休日:毎月第2水曜日・毎月第4水曜日・毎週火曜日

アクセス:つくばエクスプレス/浅草駅から徒歩7分

東京メトロ銀座線/浅草駅から徒歩8分

東京メトロ銀座線/田原町駅から徒歩13分

座席数:16席(カウンター席8 テーブル席8)

予約は不可だそうです。

約30種類のメニューをすべて荒木優花さんが一人で作っているとのこと。

お店の混雑状況によって時間がかかることもあるそうですが、78歳のおばあさま、幸枝さんの笑顔の接客で、“待ち”も気にならなかったとの声がたくさんありました!

スポンサードリンク

グリル佐久良・荒木優花シェフのまとめ

先代から受け継いだ“味”と、おばあさまのホスピタリティ溢れる接客で、地元の人達や旅行客からも愛されているグリル佐久良。

浅草に行ったら寄りたいお店が増えましたっ^^

荒木優花さんとあばあさまの幸枝さんが作るお店の雰囲気も、是非体感してみたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする