浅野撚糸(浅野雅己社長)はエアーかおるで年商10億!魔法のタオルの価格も調査

みなさんこんにちは、kuromameです。

2018年10月28日(日)の18時から放送の「坂上&指原のつぶれない店」倒産寸前からV字復活!今では年商10億円を達成した浅野撚糸株式会社が特集されます。

どんな「モノ」を開発してV字回復を遂げたのか…。とても気になります!

ということで今回は、復活までの道のりや浅野撚糸株式会社が扱う商品について調べてみたいと思いますっ^^

■目次■

1.浅野雅己(浅野撚糸株式会社)さんのプロフィール

2.浅野撚糸株式会社の魔法の吸収タオル「エアーかおる」とは?

3.浅野撚糸株式会社の魔法の吸収タオル「エアーかおる」の値段は?

4.浅野雅己(浅野撚糸株式会社)さんのまとめ

スポンサードリンク

浅野雅己(浅野撚糸株式会社)さんのプロフィール

名前:浅野雅己(あさのまさみ)

浅野撚糸株式会社 代表取締役社長

生年月日:1960年

出身地:岐阜県安八町

学歴:福島大学教育学部

浅野雅己さんは大学卒業後、数年間は教師として勤めていたそうですがお母さまが病気になったことをきっかけに、実家に戻り家業を継いだそうです。

その会社は、お父様である浅野博さんが1967年に設立した浅野撚糸株式会社。業務は主に紡績の下請けの賃加工でした。

大手紡績会社の下請けとして業績は順調に拡大、50社の協力工場を抱えるまでに成長

しかし1980年代になると、大手企業は人件費の安い東南アジアや中国へ生産拠点を移していきました。その煽りを受けて、浅野撚糸(株)も経営が苦しくなり倒産は目前に迫るほどに。

2003年には会社存続の道を選び事業を縮小。早期退職を募り、社員は以前の1/3になったそうです。

経営難に陥っても撚糸技術の開発を止めなかった浅野雅己社長

以前から取引のあったクラレと水溶性糸のミントバールを使った撚糸工法の開発をスタート。2004年にはクラレとの共同開発による「魔法の撚糸」が発明されました。

スポンサードリンク

浅野撚糸株式会社の魔法の吸収タオル「エアーかおる」とは?

2006年に、生産拠点が海外に移った影響で受注が激減していた「おぼろタオル」「魔法の撚糸」を使ったタオルの開発を開始。

2007年には4000枚の試作品を経て、「エアーかおる」が完成しました!

その「エアーかおる」の特徴は、

①軽量

②吸水力抜群

③速乾

④毛羽落ちが少ない

などが挙げられます。

繊維の一本一本の隙間が広いので、コットンの使用量や重さは一般的なタオルの約半分ほどなんだとか。

吸水力も60%向上で、しっかりと水分を拭き取ってくれます。

さらに、オーガニックコットン使用で、水分に触れるとすぐに吸収されるので敏感な肌にも安心とのこと。

この魔法のタオル「エアーかおる」は、現在までに600万枚を超える大ヒット商品になっているそうです!

我が家でもタオルの買い替え時期を迎えているので、「エアーかおる」はとても気になります!

タオルの乾きが気になるのは特に冬場ですよね。洗濯後、物干しに掛けるんですが、あまり乾かないことも多いです。洗面所では使用後のバスタオルをそのままタオル掛けに干しても乾きにくいので、なんとなく“カビ”なども心配になったり…。

「エアーかおる」がとても乾きやすいなら、我が家のタオル問題は一発で解決するかも^^

浅野撚糸株式会社の魔法の吸収タオル「エアーかおる」の値段は?

HPで確認すると「エアーかおる」には、

・ベビマム〈価格:648~3,240円(税込)〉

・ダディボーイ〈価格:756円~3,456円(税込)〉

・XTC〈価格:864円~4,320円(税込)〉

・デオなでしこ〈価格:540円(税込)〉

・純ギラ銀〈価格:756円~5,400円(税込)〉

・今治製 エンプレス〈価格:2,160円~5,400円(税込)〉

種類がありました。それぞれにサイズ展開がありますので、気になる方は是非チェックしてみてください^^

「エアーかおる」の口コミを見てみると、

・吸水性が抜群

という意見がとても多かったことに驚きました。

洗いざらしのタオルは吸水性はいいのですが、薄っぺらくなってもいるのでもう1枚使用することもしばしばな我が家です…^^;

バスタオルの2枚使いに私自身なんとなく納得してなかったのかなぁ…と感じました。洗濯物も増えますし^^;

「エアーかおる」は1枚で身体と髪の毛まで大丈夫!という意見も多かったので、これは使ってみたいなと思いました^^

浅野雅己(浅野撚糸株式会社)さんのまとめ

大手企業が拠点を海外に移して経営が難しくなった時も、新技術の開発を止めなかった浅野雅己さんの判断にとても感動しました。

そして「エアーかおる」の開発を開始した「おぼろタオル」は経営が苦しくなったまさに同じ境遇を持った会社。だからこそよい物が生まれたのかもしれませんね。

こういうV字回復のストーリーを聞くと、やる気が湧いてきます!今日の夕ご飯は一品追加しちゃおうかな~という小さなものですが…^^;

「坂上&指原のつぶれない店」の放送では浅野雅己社長からどんなことが語られるのかも気になるところですね。

オンエアを楽しみに待ちたいと思います^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする