堀博美は日本初きのこライター?経歴や結婚は?【おしゃべりオジサンとヤバイ女】

みなさんこんにちは、kuromameです。

2018年9月29日(土)に、テレビ東京で【おしゃべりオジサンとヤバイ女】
が放送されます。

今回“ヤバイ女”として紹介されるのは、堀博美(ほりひろみ)さん

この方は、日本初の「きのこライター」なんだそうですっ!

きのこライターってどんな職業…なのでしょうか…?

んー、キニナりますね^^

ということで、今回は堀博美さんについて調べてみたいと思います。

■目 次■

1.きのこライター堀博美さんのプロフィール

2.堀博美さんのきのこを愛するきっかけは?

3.堀博美さん提唱の、菌トレとは?

4.堀博美さんの旦那や子どもは?

5.堀博美さんのまとめ

スポンサードリンク

きのこライター堀博美さんのプロフィール

生年月日:1971年

出身地:兵庫県神戸市

職業:日本初のきのこライター

所属:日本菌学会、関西菌類談話会会員

2006年、日本キノコ協会「MOOKきのこ」副編集長に抜擢される。

2009年頃から、日本初フリーの「きのこライター」として活動開始。

なかなか情報が見つからず、苦戦しました…。

日本初の「きのこライター」という肩書きは、インパクトがありますねっ!

堀博美さんのきのこを愛するきっかけは?

きのこの魅力に取り憑かれたのは大学生の頃。

今に比べればきのこ情報はとても少なく、図鑑が主な情報源だったそうです。

あるとき、いつものようにきのこ図鑑を見ていると…。

真っ赤な傘に白いいぼいぼのついたきのこを発見。

そのきのこの名前は「ベニテングタケ」

その画像はこちら!

「こんな生き物がいるなら、ぜひ現物を見てみたい!」と、図鑑のキャプションにある
「10月 菅平」という言葉をヒントに現地へ。

この大胆な行動を掘博美さん本人は、

「おおざっぱな時期と地名だけの無謀なチャレンジ」と表現しています^^

実際に見たベニテングタケは、迫力がありみずみずしい色彩美や存在感に圧倒されたそう。

名前にビビっときて予約したという菅平の「ペンションきのこ」での
きのこ鍋の美味しさにも感動!

ベニテングタケを見に行ったこの旅行で、きのこの魅力にどっぷりはまったそうです^^

それにしても、この行動力には驚かされます!

わずかな情報だけを頼りに、“そうだ、きのこ見に行こう!”ってなかなかなりませんよね…^^;

でもこの出来事が堀博美さん人生を切り拓くとは。

ん〜、直感は大切にしたいですね^^

スポンサードリンク

堀博美さん提唱の、菌トレとは?

毒のあるきのこや食べられるきのこの違いなど、もっと詳しくなるために
きのこの学習会に参加している堀博美さん。

堀博美さんは、きのこの知識を増やすための勉強を「菌トレ」と名付けて
実践しているそうです。

菌トレでは、山に入って図鑑ときのこを照らし合わせたりすることもあるとか。山歩きの楽しさを満喫しているようですね。

そういえば、子どもの頃、雨上がりの大木の下に見たことのない形のきのこがあると、そこに母を連れて来て、ヘンテコリンなきのこを見せていた記憶があります…。

Kuromameも、知らないうちに「菌トレ」をしていたのかも…しれません…^^;

スポンサードリンク

堀博美さんの旦那や子どもは?

調べてみましたが、詳しい情報は見当たりませんでした…。

旦那さんの話が出ていないので、もしかすると結婚されてないのかもしれません。

2018年9月29日(土)【おしゃべりオジサンとヤバイ女】の放送で何か語られるかも
しれないので、期待したいと思います!

5.堀博美さんのまとめ


 引用:https://twitter.com/horihiromi/media

堀博美さんのきのこ愛がたくさん詰まっていますね!

料理本に、“きのこは冷凍すると栄養が3倍になる”という情報を見てから、安い時にまとめ買いしているkuromameです。

ポイントは、数種類のきのこを混ぜて冷凍すること。大きさも揃えると使いやすくなります。

kuromameのきのこに関する知識はこの程度…。

もう少し、きのこに対してまじめに向き合おうと思いますっ!(ホント!?)

2018年9月29日(土)、テレビ東京【おしゃべりオジサンとヤバイ女】では
どんなことが語られるのか、堀博美さんの“きのこ愛”がキニナル方は要チェックですっ^^

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする