四葉少女生澤愛子の四葉発見の3つのポイントは?四角大輔との関係も調査【激レアさん】

みなさんこんにちは、kuromameです。

2018年10月15日(月)に放送の「激レアさんを連れてきた。」に四つ葉を短時間でたくさん見つけられる能力を持つ、四葉少女こと生澤愛子さんが出演されます。

kuromameが生澤愛子さんを知ったのは、NHKの番組「チコちゃんに叱られる!」の放送でした。

スイスイ〜と、簡単に次々と四つ葉のクローバーを見つけていく生澤愛子さん。不思議な能力だなぁと気になっていましたが、「激レアさん」で再会するとは!

これはもうキチンと調べなくてはいけませんね!

ということで今回は生澤愛子さんについて掘り下げてみたいと思います^^

■目次■

1.四葉少女:生澤愛子さんのプロフィール

2.生澤愛子さん流四つ葉を見つける3つのポイントとは?

3.生澤愛子さんに助言した四角大輔さんとの関係とは?

4.生澤愛子さんのまとめ

スポンサードリンク

四葉少女:生澤愛子さんのプロフィール

名前:生澤愛子(いきざわあいこ)

1996年生まれ。

生澤愛子さんの四葉探し歴は3歳にさかのぼります。今まで見つけた四葉はなんと、5万本以上!

1時間で見つけた四葉のクローバーの最高記録は305本

生澤愛子さんの夢は、“四葉のクローバーと一緒にhappyを届けること”

世界中の四葉を扱う作品をとおして、世界中の人達と繋がる“四葉ハンター”になることを目標にしているそうです。

みなさんは、四つ葉のクローバーに出会う確率をご存知ですか?

それは…1/10,000なんだとか。

kuromame家も近くの公園で四葉のクローバー探しをよくやります。1/10,000の出会いが身近にあるなんてなんか嬉しいですよね。

“見つけられたらラッキー”と思っていたけれど、1/10,000の確率という具体的な数字を聞いたら、なんだか運命的なものを感じてしまいますね。

スポンサードリンク

生澤愛子さん流四葉を見つける3つのポイントとは?

生澤愛子さんは、以前ラジオで四葉のクローバーを見つけるアドバイスをされていました。

①人にたくさん踏まれている場所では四葉ができやすい

②季節でいうと、春が一番四葉を見つけやすい(3月下旬から5月下旬までがピーク)

③おすすめの場所は横浜のみなとみらい周辺。クローバーの種類が多いので見つかりやすい

これらの3つが主なポイントになるそうです^^

「チコちゃんに叱られる!」でも、四葉のクローバーができるのは“事故にあったから”と説明されていました。

人に踏まれたりするとその衝撃で、クローバーの“原基”と呼ばれる芽の部分が傷ついて4つに分かれてしまうそうです。そのまま育つと四葉のクローバーになるとのこと。

1/10,000の出会いはそこから始まっているんですね^^

生澤愛子さんにアドバイスした四角大輔さんとは?

生澤愛子さんは“変に思われないように”周りの目を気にして生きていたといいます。

四葉が好きなこともずっと隠していた生澤愛子さん。でも自分の心に嘘はつきたくないと決心して、自分が好きなことを実践している人と話をしてみたいと思ったそう。そして、四角大輔さんの講演会に参加しました。

四角大輔さんはニュージーランドの大自然の中で自給自足の生活をベースにされている方。

その四角大輔さんからは、

  • 自分の好きなことを極めること
  • 好きなことを発信すること

というアドバイスをもらい、ようやく四葉好きをカミングアウトできたとのことです^^

生澤愛子さんにとって四角大輔さんは進むべき道を方向付けたアドバイザーのような存在だったのではないでしょうか。

生澤愛子さんはこの後、クラウドファンディングで資金を募り2016年6月17日~18日、渋谷のくるくるグローバルハブというアートギャラリーで四つ葉のクローバーの個展を開くまでに!

生澤愛子さんが思い切って講演会に参加して四角大輔さんと会わなかったら、今の活躍はないんですもんね。本当に”出会い”って不思議ですね。

その四葉展をご覧になった方の感想はこちらです。

“happyを届けたい”という生澤愛子さんの夢はいろんなところで叶っているみたいですね^^

スポンサードリンク

生澤愛子さんのまとめ

自分だけが幸せになるんじゃなくて、そのhappyをたくさんの人に届けたいと思う生澤愛子さんってステキな女性だなと感じたkuromameです。

ぽわ〜んと柔らかい印象も生澤愛子さんの人柄を表しているようですよね^^

生澤愛子さんのさらなる目標などが10月15日放送の「激レアさんを連れてきた。」で語られるのでしょうか?オンエアを楽しみに待ちたいと思います!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする