石井亮次アナがゴゴスマでミヤネ屋を抜いた?来年フリーに?【ゴロウデラックス】

みなさんこんにちは!kuromameです。

木曜の深夜にTBS系列で放送中の番組、ゴロウ・デラックス。

皆さんはご存知でしょうか?

ブックバラエティという新ジャンル?で、元スマップの稲垣吾郎さんがMCを担当。作家さんや本を書いた著名人をゲストに迎えて、本にまつわるお話をお伺いする番組です。

吾郎さんのツッコミや時折見せるダークな部分にニヤリとしてしまいますよね^^

それに、吾郎さんの「声」も魅力のひとつだと思うのは私だけではないはずっ!

そんな番組の今週のゲストは、『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)の進行役でおなじみ、CBCの石井亮次アナ!「お昼の顔」ですよね^^

引用:https://twitter.com/hashtag/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%BA%AE%E6%AC%A1?lang=ja

今回は、「こんにちは、ゴゴスマの石井です」(ワニブックス)についてキニナル内容を掘り下げてみたいと思います!

■目 次■

1.CBCの石井亮次(いしいりょうじ)さんプロフィール

2.放送開始直後の「ゴゴスマ」ってどんな番組だったの?

3.「ゴゴスマ」が「ミヤネ屋」の視聴率を抜いた秘策とは?

4.石井亮次アナは、2019年にフリー宣言?

5.まとめ

スポンサードリンク

CBCの石井亮次(いしいりょうじ)アナのプロフィール

出身地:大阪府東大阪市

生年月日:1977年3月27日(41歳)

最終学歴:同志社大学文学部卒業

勤務局:CBCテレビ

実家がガソリンスタンドを経営していたことから、営業時間中に聞いていたラジオ番組は身近な存在だったため、小学生の頃からスポーツアナウンサーを目指していたという石井アナ。

1998年に毎日放送のアナウンサー試験を受け不合格。大学に籍を置いたまま翌年もアナウンサー試験に挑戦、2000年にCBCにアナウンサーとして入社。スポーツ中継からバラエティ、報道番組まで幅広く活躍されています。

放送開始直後の「ゴゴスマ」ってどんな番組だったの?

「ゴゴスマ」は東海地区のローカル番組として2013年4月にスタート。地元のデパートの催事情報等が中心でした。

2015年3月から関東地区で放送が開始。

東海地区のローカル情報は関東では話題性ゼロですよね…。

そんな状況の中、平均視聴率0.9%2回も記録…!打ち切りかも…と局内がザワザワしているのが想像できますよね…^^;

スポンサードリンク

「ゴゴスマ」が「ミヤネ屋」の視聴率を抜いた秘策とは?

関東地区での打ち切りが現実味を帯びるなか、2年後に関東地区で初めて

「ゴゴスマ」「ミヤネ屋」視聴率を上回る5.4%を記録しましたっ!

この快挙達成までの2年間に、何が起きたのでしょうか…!?

そのきっかけは、

舛添要一元東京都知事の不祥事!

都知事の定例会見がちょうどゴゴスマの放送時間のお昼2時に始まるため、そのまま定例会見を放送することに。

その後も一連の不祥事問題をクローズアップし続けると、だんだんと視聴率は上昇していきました!

次の小池都知事に変わっても、豊洲移転問題等があったため政治色を強めた内容にシフトしたことが、強敵ミヤネ屋の視聴率を抜くという結果につながったのですね^^

もうひとつ、石井アナの語る秘策を見てみましょう。

それは、番組内で使用している巨大パネルです!

・予算が無い&制作スタッフ不足→VTRが作れない

という状況を逆手に取って、

・報道内容を巨大パネル化→スタジオでコメンテーターの方々に取材内容を
コメントしてもらう

という手法が確立されたそうです。

家事の片手間に見ることが多い「ゴゴスマ」ですが、巨大パネルがあることで“知りたい情報を目で見られる”という点はとても助かりますよね。

気になる情報は“耳”でキャッチして“目”で確認!というのが私のゴゴスマ視聴スタイルです^^

スポンサードリンク

石井亮次アナは、2019年にフリー宣言?

ドドーンと知名度が上がれば、ドドーンと持ち上がるのは独立話ですよね。

昨年5月に「ミヤネ屋」の司会、宮根誠司さんから「2年で知名度を上げて、その時にフリーになるか悩んでいたら俺のところへ来い」とお食事をした時に言われたとか。

石井アナは独立について、今のところは「ない!」と否定していますが、宮根さんとの会話を公にしているところを見ると、コレは独立への伏線…?ともとれる気がしますね^^

まとめ

お昼の顔、石井アナとコメンテーターの方々とのやり取りも魅力的な「ゴゴスマ」。

時々皆さんの本音がポロリと垣間見える瞬間も楽しみのひとつですよね。

真面目すぎず不真面目すぎないバランスの取れた「ゴゴスマ」と、石井アナの独立をこれからも見守って行きたいと思います^^

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする